「肝機能低下の原因」の記事一覧

肝機能障害の原因

肝機能障害という言葉を、最近よく耳にするようになった方も増えているかもしれません。   肝機能障害とは、その名の通り肝臓の機能に障害が生じ、 肝臓が普通に機能しなくなってしまった危険な状態のことを指します。 肝機能障害を放置すると、やがては肝硬変や肝臓がんなど、 怖い悪性の病気に変わることがあるので注意が必要な病気の一つです。 肝機能障害の主な原因と考えられるのは、アルコールや不規則な生活、 強いストレスなどではないでしょうか。     長期にわたってアルコールを摂取し続けたり、ストレス、偏食などで、 肝臓は案外ダメージを受けやすいのです。 アルコールを摂取した後に肝臓の数値を見てみると、確実に上がるといわれるくらい、 アルコールは肝臓にとっては敵のようですね。     肝機能障害を放置していると、そのうち全身に倦怠感が感じられるようになったり、 食欲が出なくなったり、また肌が黄色くなる黄疸といった症状が出始めます。     沈黙の臓器と呼ばれる肝臓のせいで症状が出始めてしまったら、 もう肝臓はかなり大変な状態になっていると思ってよいかと思います。 そうなる前に、楽しみな晩酌もやめるか、週に1−2回程度にし、お酒も1回につき1杯くらいにしてみてはいかがでしょうか。

肝機能障害と薬

いろいろなところで話題になっていますが、 サプリメントや無認可、海外からの輸入の薬など、怪しい薬はもとより、 ちゃんとしたところから処方された薬でも肝機能障害になってしまう方がいらっしゃいます。   例えば、自殺しようとしてたくさんの薬を一気に飲んでしまった方や、 痩せるための薬、自然食品、ハーブなどでも肝機能障害になってしまうこともあるのだとか。   しかも、以前服用していて大丈夫だった薬も、何らかの原因で突然アレルギー反応をお越し、 アレルギー性肝障害になってしまうこともあるそう。 しかもこのアレルギー性肝機能障害が、実は薬物性肝障害のほとんどだってご存知でしたか?   もともと自分がアレルギー体質など分かっている方の場合、 薬を摂取する際に気を付けて選ぶかもしれませんが、 まだ何の症状もない方の場合、何か副作用が出たらどうしようということを思いながら 薬を飲む方はいらっしゃらないのでは?   黄疸や全身の倦怠感といった症状が出て、「なんかおかしい」と病院を受診した時には手遅れ、 死亡してしまうといったケースもあるそうなので、気を付けたいですよね。 特に、サプリメントや海外からの輸入された薬の場合は、十分気を付けて飲むようにしたいですね。

肝機能の低下の原因について

脂肪肝の増加と肝機能の低下は、セットで考えてもいいでしょう。 それでは、脂肪肝になりやすいというのはどのような状態なのかを見ていきましょう。 まずは、 「よく食べ、よく飲み、運動をしなし」 ということです。 これは、脂肪肝を云々いうよりも様々なところで障害が発生しているような不摂生ですね。 よく食べ、よく飲みという摂取するエネルギーが多いにもかかわらず、運動をしないので エネルギーはなかなか消費されません。 余分なエネルギーは脂肪に変わってしまって、肝臓や全身の脂肪組織に取り込まれます。 これは典型的なメタボリックシンドローム一直線ということになるのです。 次に、お酒がやめられない人です。 お酒が好きなひとは、放っておけばいくらでもお酒が飲める人です。 アルコールのエネルギーを摂りすぎることもさることながら、つまみなどの 酒の肴の食べ過ぎもエネルギーを増やすことになります。 アルコールが大量に肝臓に入ってくると、血液への脂肪の放出がうまくいかず、 結果として、脂肪肝をどんどん増やしてしまうのです。 さらに、肝機能の低下の原因は、血糖値の上昇と原因は一緒です。 肝硬変であれば、糖尿病であることも容易に想像ができるのです。 ですから、血糖値が高くなっていると肝機能の低下も疑わなくてはいけません。

肝機能の低下はお酒が原因ではなかった?

「今日は、休肝日。」という言葉をよく聞くことだと思います。 文字通り、肝臓を休める人いうことになるのですが、これは一般的には、 お酒を飲まない日ということです。 お酒を飲む習慣のない人には、なかなか理解ができないと思うのですが、 お酒を飲む人にとっては、一日でもお酒を飲まない日というのは、なかなか ガマンしづらいモノなのです。 それはヘビースモーカーが1日タバコを吸わないのと似ているかもしれないですね。 休肝日を作る、ということはとりもなおさず、肝機能の低下を抑えることがその目的です。 肝臓の病気には、肝硬変や肝臓ガンなどがあり、肝臓の機能に異常が見受けられる人は 日本に300万人以上もいるといわれています。 一般的に肝機能の異常というと、その原因となるものは、お酒と相場がきまっているように思われがちです。 欧米人で、肝機能に異常がある場合の原因にお酒が関係していることが多いようです。 一方日本では肝機能の低下は、必ずしもお酒だけのせいではなく、そのほとんどが肝炎ウィルスが、 関係しているようです。 このように見てみると、お酒だけが原因とはいえないのですね。 もっとも、肝機能を上げるために、お酒を断つことは多いに効果があるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ