「肝機能を改善するための生活習慣」の記事一覧

肝機能障害の人の運動

飲酒による軽い肝機能障害、脂っこいものや肉ばかり食べているという方に起こりやすい脂肪肝など、 肝機能障害といっても軽度の方の運動はどうすればよいのでしょうか? 肝臓の機能が低下している方の場合、運動はタブーといわれていますが、 重症ではない限りは運動はやってもよいのだそうです。 肝臓機能が低下しているといわれても、どのくらいの運動をしてよいのかわからない方は、 まずはお医者さんを受診し、 血液検査の結果と照らし合わせてアドバイスをしてもらうと良いかと思います。 ちょっとだけ肝臓の数値が高いくらいの軽い肝機能障害の方の場合の運動の目安は、 お酒を控えることはもとより、 一日に30−40分程度の早足での散歩や軽い水泳は肝臓に良いのだそうですよ〜! 甘やかしすぎてフォアグラになってしまった肝臓を、 和食中心の食生活とヘルシーなライフスタイル、 そして激しすぎることはないけれど運動したといった充実感が得られそうなくらいの運動は 肝臓にとって良いことなのですね。 ジョギングが趣味なのに肝機能障害といわれてしまった方は、 お医者さんに相談してジョギングを続けるかどうか決めたほうがよいかもしれませんが、 脂肪肝の方の場合、大抵運動不足の方が多いようですから、心配はいらないかと思います。

寝起きが悪い人の生活習慣

寝起きが悪いのを低血圧にしているそこのあなた。 寝起きが悪い理由と血圧は、まったく関係ないのをご存知でしたか? 寝起きが悪い方の生活習慣は、 どちらかといえば夜更かしをして明け方に眠る、という方が多いようです。夜になる と目が冴えてしまって、ついつい明け方まで起きている、 そのせいでお昼過ぎまで毎日起きられない、と言っている方もよ く見受けます。それでは朝起きられないのも、無理はありませんよね。 寝つきが悪いのが寝起きが悪い方の原因の一つか もしれませんが、なかなか寝付けないという方は 睡眠障害という病気が隠れていることもあるので、一度病院を受診されて みてもよいかもしれませんよ。 また、それ以外にも寝る前にインターネットをやっていたり、 テレビを見ていたり、携帯電話の画面を見ながらお布団に入っている方。 目から交感神経が刺激され、 興奮状態になってしまうと寝つきが悪くなるってご存知でしたか? 寝つきが悪い方、寝起きが 悪い方は、まずは家に帰ってきたら食事をし、 ぬるめのお風呂にゆったりつかりましょう。 そしてお風呂から出てきたら、 部屋の照明は間接照明だけにして、 徐々に照明を落としていきましょう。 こうやって自然なリズムで寝つきがスムーズになれば、 自然と寝起きもそこそこに改善されるのでは。

生活習慣を整え、肝機能の低下を抑えよう

肝機能の低下を抑え、肝臓をいたわるためには、生活習慣を改善することが 大切なのはいうまでもありません。 あたりまえのことかもしれませんが、次にあげることをしっかり守るように しましょう。 第一に、まずはしっかり睡眠ととるということです。 これは生活習慣を整えることで基本となる部分です。 睡眠不足になると、体中の機能が低下します。 もちろんその中には、肝機能の低下もはいっているのです。 第二に、高タンパク、高ビタミン、高ミネラルの食事をバランスよく取ることです。 この際、カロリー過多にならないようにしなくてはいけません。 もちろんアルコールは控えめにしましょう。 第三は、適度な運動をするということです。 運動をしなさいといわれると、「過度な運動」と思いがちですが、「適度な運動」が 好ましいのです。 これは、運動のしすぎは活性酸素を増やすからです。 活性酸素は人間の体内で作られます。 酸化力の強い酸素で、万病の元とも言われています。 少し汗ばむ程度のウォーキングが一番いいかもしれませんね。 第四は、ストレスの解消です。 軽視されがちですが、ストレスの解消が一番大事という意見もあります。 ストレスは免疫力を落とし、ウィルスを増やしてしますのです。 明るい人に病気の人はいないというのもうなずけることですね。

ゆっくり飲んで肝機能の低下を防ぎましょう

いろいろな種類のお酒を飲むことを「ちゃんぽんで飲む」といいますが、 悪酔いや二日酔いの原因とされています。 それは何故なのでしょうか。 お酒の好きな人には少なからず心当たりがあるかと思いますが、 「とりあえずビール」から始まって、チューハイ、ウィスキー、日本酒とたてつづけに お酒を変えて飲んでいくのです。 そうなってくると、お酒を変えるたびに、口当たりが変わりますので、 自分が思った以上に飲めてしまうものなのです。 これがビールならビールだけ、チューハイならチューハイだけにすると、 飽きてしまうのでそれほど多くを飲むことはできません。 ちゃんぽんにするといけない理由は、まさにそこにあります。 結局は飲み過ぎてしまうということですね。 飲んだアルコールの総量がその人の肝臓の処理能力を超えることがなければ 問題はありません。 むしろ飲み過ぎたことで、吐いてしまうほうがすっきりするのもそのためです。 しかし、多くの場合は、お酒の量のコントロールができずに結果的に肝機能の低下を 招いてしまいます。 お酒について効果的な飲み方は、むやみにお酒の種類を変えないこと。 これで、肝機能の低下を抑制することができますし、もう一つ大事なことは、 お酒をゆっくり飲むということですね。 少しずつ体にいれていくような飲み方だと、肝臓も余裕をもってアルコールを 処理できますし、肝機能の低下を防ぐことができるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ