「肝機能低下による病気」の記事一覧

肝機能障害の人の寿命

肝機能障害とお医者様から言われてしまった方は、 目の前が暗くなる思いをされてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 頭に浮かぶのは、肝硬変や肝臓がんなど。   肝機能障害は、確かに肝臓の機能が低下しているので、 そのまま何もせずに今の生活を続けていると 肝硬変や肝臓がんを患ってやがては命を落とすリスクもありますが、 不摂生を見直し、生活習慣を改善させれば、 普通の方と同じ寿命をまっとうすることも可能だとのことですよ。     例えば、肝硬変では平均寿命は2年くらいから10年以上と、 その方の病状によっても変わってくるようですが、 肝硬変になりかけているのに禁酒をしなかった場合には、 やはり寿命を縮めているといっても過言ではないようです。   肝機能障害といわれてしまったら、 食生活を和食中心のヘルシーなスタイルに変え、 脂っこいものはさけ、肝臓が悲鳴を上げる前に禁酒に取り組んだらよいかと思います。 また、過度な運動は肝臓への負担が思いそうなので、 ウォーキングなど適度な散歩感覚の運動を取り入れると、 代謝が上がって良さそうですね。 もちろん、良質のたんぱく質を摂取することも、 肝臓を助ける方法の一つです。     肝機能障害でも長い寿命が全うできるように、意識を変えていきましょう。

肝機能障害の人の症状

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているだけあって、肝機能が低下しているのを自分で見分けるのは困難かもしれません。   ですから、一年に一度の人間ドックや検診が大切なわけですが、 肝機能が低下しているのをしる手掛かりになりそうな症状を考えてみました。   まず、肝臓が正常に機能していないと、 全身に倦怠感が現れます。例えば、寝ても寝ても疲れが抜けない、 朝起きるのがつらい、午前中からずーっと疲労がたまったままの状態といった感じがするというのは、 肝臓の機能が低下しているサインかもしれません。   また、ちょっとした物音で夜起きてしまうのも、 肝臓の機能の低下を示している場合があるようなので要注意です。   その他、食欲不振という形でも現れるようなので、 ここのところ疲れが抜けない、食欲が落ちた、そしてお肌が黄色いかなあと思ってしまったら、 とりあえず肝臓の数値をチェックできる血液検査だけでも受けてみてはいかがでしょうか?   血液検査で簡単に肝臓の数値を調べることができますし、 万が一肝臓の機能が低下しているというときには、 早めにわかって対処したほうがよいですよね?   自己判断でサプリメントなどを飲む前に、まずは病院で検査されてみることをお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ