「肝機能低下でおこる症状を改善する」の記事一覧

肝機能障害の治療は症状に合わせて様々

肝機能障害と診断されてしまった方への治療法は、個人で異なるようです。 例えば、重傷で肝機能障害から肝硬変になりかけている方でしたら、 やはりそれなりに医学的アプローチが必要になりますが、 肝機能の低下がみられるだけであれば漢方薬といったアプローチ方法もあるわけです。 ただし、肝機能障害の原因によっても治療法は分かれてくるので、 自己判断は危険!必ずお医者さんと相談しながら進めることが大切です。 例えば、漢方薬でもその人の症状に合わせていろいろな薬が処方されます。 慢性の肝炎で、肝機能障害を改善する薬であれば、 小柴胡湯(しょうさいことう) が良いと言われているようです。 また、それよりも重い肝硬変になりかけているもので、 黄疸といった症状が認められ、 便秘や吐き気などの症状を緩和させる効果が期待できるものとしては、 茵ちん蒿湯(いんちんこうとう)が選ばれたりするようです。 肝臓機能の低下で、体力が落ちた人の免疫を 回復させてくれる効果があるといわれているのは、 人参養栄湯(にんじんようえいとう)などと、 その人の症状に合わせたアプローチができるわけです! もし肝機能が低下しているとお医者さんに言われてしまったら、 お医者さんと相談しながら漢方薬を飲むのも一つの手かもしれませんね。

寝起きが悪い人と食生活

寝起きが悪いと自負されている方、原因はどうしてだと思いますか? 寝起きが悪い方の場合、食生活が関係しているということ もあるのだそうです。寝起きが悪い方は、 大抵3色の食事をきっちりとっていらっしゃらない方が目立つそうで、 中でも朝食を抜く方はかなりの確率のようです。 もちろん、朝食をとる時間があるのであれば寝ていたいのが本音でしょうが、 しっかり朝食をとるようにすると、朝目が覚めるようになりそうですよ。 朝、ベッドから出るのが本当につらいという方は、 まずは頑張って朝ごはんを食べるようにしてみてはいかがでしょうか。 病的に朝起きるのがつらい方は、 もしかしたら睡眠障害なども発病されているのかもしれません。 というのも、例えば睡眠時無呼吸症候群などでは、 本当になかなか起きれないそうですよ。 また、タウリンやクエン酸など疲れに対するサプリを積極的に摂取してみると、 寝起きが多少はスムーズになるかもしれません。 ビタミンの摂取も、ストレスなどに効果的だそうですから、 食事と一緒にサプリメントを摂取するように心がけてみてはいかがでしょうか。 まずはサプリで体を元気にし、朝起きたら嫌でも朝食を一 口だけでも食べてみる、こうやって改善していくのかもしれません。

寝起きが悪い人と肝機能

寝起きが悪い人は、全部低血圧のせいにしていませんか?そしていざ病院で血圧を測ってみたら、 普通の血圧でびっくり、なんてことを経験されたこともあるかもしれません。 実は寝起きが悪いことと低血圧は、まったく関係がなく、逆に他の病気が隠されていることもあるのだそうです。   例えば、肝機能が低下していると、 寝つきはよいが寝起きが悪いといった症状を表すこともあるのだとか。 寝起きが悪い方で、夜は早めに寝ている方、また血圧は普通なのに朝起きられない方は、 一度肝臓の方を疑ってみてもよいかもしれませんね。     もちろん、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくても、 寝つきが悪く寝起きが悪いという状態になりますから、 例えば職場から帰宅したらゆっくりリラックスできるように照明を徐々に落としていく、 といったリラックス方法を考えられた方がいいかもしれません。   ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、 ラベンダーといったアロマ効果のある精油を生活に取り入れてみてもよいのでは。     ただし、インターネットやテレビなどは 目の奥の交感神経が興奮状態になってしまって寝つきが悪くなるそうなので、 寝る前1時間はインターネットやテレビからは遠ざかった方がいいかもしれませんね。   もちろん、携帯電話も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ