肝機能障害の治療は症状に合わせて様々

肝機能障害と診断されてしまった方への治療法は、個人で異なるようです。

例えば、重傷で肝機能障害から肝硬変になりかけている方でしたら、
やはりそれなりに医学的アプローチが必要になりますが、
肝機能の低下がみられるだけであれば漢方薬といったアプローチ方法もあるわけです。

ただし、肝機能障害の原因によっても治療法は分かれてくるので、
自己判断は危険!必ずお医者さんと相談しながら進めることが大切です。

例えば、漢方薬でもその人の症状に合わせていろいろな薬が処方されます。
慢性の肝炎で、肝機能障害を改善する薬であれば、
小柴胡湯(しょうさいことう) が良いと言われているようです。

また、それよりも重い肝硬変になりかけているもので、
黄疸といった症状が認められ、
便秘や吐き気などの症状を緩和させる効果が期待できるものとしては、
茵ちん蒿湯(いんちんこうとう)が選ばれたりするようです。

肝臓機能の低下で、体力が落ちた人の免疫を
回復させてくれる効果があるといわれているのは、
人参養栄湯(にんじんようえいとう)などと、
その人の症状に合わせたアプローチができるわけです!

もし肝機能が低下しているとお医者さんに言われてしまったら、
お医者さんと相談しながら漢方薬を飲むのも一つの手かもしれませんね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ